新型コロナ感染症予防への取り組みはこちら

電気施術

整骨院に通院したことのある方の多くは「電気治療は効果がない」と思っています。

それもそのはず。あなたが行ったことのある整骨院は電気治療器の使い方を知らないのだから。
※他院さんの悪口ではありません。

そもそも電気治療器の目的はただ一つ。

【血流を良くすること。】

電気治療器は筋肉を動かすための刺激です。
ビリビリ刺激で筋肉が勝手にぴくぴく動く感覚を味わったことがありますか?

あのように筋肉をぴくぴく動かして運動させて血流を良くしているのです!!

血流が良くなると筋肉内に溜まった老廃物が運び出され、筋肉に柔軟性が戻るため痛みやコリの改善になります。

意外とシンプルな理屈ですよね。
それでも効果が出ない電気治療には2つ理由があります。
(逆に、ツムギの電気治療で効果が出せる理由はこの2つをクリアーしてるからです)

1.ビリビリの深さが届いていない
2.ビリビリの角度が悪い

まず、1のビリビリの深さが届いていない。ですが、電気には一般的に低周波・中周波・高周波という種類があります。
低周波は1センチくらいまでの距離しか届かず、中周波は3~4センチ、高周波は5~6センチ届くといわれています。
要するにアナタのコリの場所が5センチ奥にあるときに、低周波と中周波でいくらビリビリしても届かないんです。
当たり前ですが、コリの場所に電気が届かなければ効きません。
魚のいない深さに釣り糸垂らしているようなものです。

次に2の電気の角度が悪い。ですが、電気治療器はあなたの体にペタッとパットを張り付けたり、吸盤のように吸い付くキャップを取り付けたりして通電します。
電気はこのパットやキャップの間を行ったり来たりして筋肉を動かします。

でももしコリの場所がパットやキャップから外れた場所にあったら?コリが筋肉に対して斜めに存在したら?当然電気はキチンと当たりません。
当たり前ですがコリの場所にキチンと電気が当たらないと効きません。

整骨院ツムギの電気治療器は低周波・中周波・高周波すべて取り揃えており、あなたの症状に合わせて使い分けています。
また、コリの場所に的確に電気を届けるため、ルーラーという特殊機器を使用し、電気を動かしながら当てています。
電気を動かすことでコリの場所がたとえ斜めであっても的確に届けることができるのです。

このルーラーとビリビリの深さを使い分けて施術を行う院は、日本広しとはいえども実はほとんどありません。(ルーラー使用方法の講師を僕が委託されたりするため)

電気治療が効かないと思って整体やカイロプラクティック、鍼灸、マッサージなどを受けているアナタ。
症状は改善しましたか?
もちろん、改善していれば喜ばしいことですし、そのまま続けたほうがいいと思います。

もしあなたが電気治療も、ほかの施術でも効果を感じられなかったのなら、ツムギの電気治療を体感してみませんか?

本気で症状改善を望んでいるあなたをお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました