新型コロナ感染症予防への取り組みはこちら

悲しいお知らせがあります。

健康情報

悲しいかな・・・電気治療が効かないと思っている方は多いようです。

この記事を読んでくれているアナタもそんな一人かもしれません。悲しいかな。。

誤解を解くためにも今回は、なぜ電気治療が効かないかを解説します。

端的に申しますと、電気治療器の効果効能を施術者が知らないからです。

整骨院には電気治療器が置いてあるのに知らないということはないだろうと思ったアナタ!
本当です。機械置いてあるけど効果効能を知らない施術者は山ほどいます。むしろ知らない人のほうが多いです。

誤解のないように記しておきますが、整骨院の悪口を言いたいわけではありません。
機械の効果効能を学ぶ場所はほとんど存在しないので知らなくても仕方ない。というのが現状です。

さて、話を戻し電気治療器の効能ですが、一言でいうなれば血流の改善です。
ビリビリさせて筋肉を動かし、筋肉の運動によって血流を良くして、痛みやコリの原因となっている老廃物を排出する。
それが目的です。

ビリビリさせる電気治療器は主に低周波・中周波・高周波と分類されていて、ビリビリの届く深さが決まっています。

例えば、TVでよく見る低周波電気(罰ゲームによく使われるやつ)は1センチくらいまでしか届きません。
ですので、皮膚のすぐ下にある筋肉などに使用すれば効果はありますが、腰の奥の筋肉や深い部分の肩こりにはビリビリを強く流したところで届きません。
電気は、強く流す=奥まで届く。ではないんです。

深いところに魚がいるのに、浅いところに釣り針を垂らしても釣れないでしょ?
ビリビリも悪いところに当たらなければ効きません。

このような基本的なことを知らなければ施術者はアナタの症状に合う電気をチョイスすることもできないため、結果的にアナタは電気治療が効かないと思っているのです。

ちなみに、中周波電気は3センチくらい、高周波電気は5センチくらいの深さまで届くとされています。
ツムギの電気治療は症状や状態に合わせてこれらを使い分けしています。

さらに、ツムギの電気治療は、よりアナタの症状の原因部分に電気が届くように特殊機器を使用して、電気を動かしています。※効果的診療の場合

通常の電気治療は吸盤や張り付けたパットの間でビリビリが行ったり来たりしますが、

この特殊機器を使用し、電気をうねうねと動かすことで場所や角度の微調整が利き
アナタの症状の原因をより捕らえやすくなります。

いままで電気治療が効かないと思っていたアナタ!ツムギの電気治療を受けずに判断するのはもったいないです!
アナタが改善したい症状をお持ちであるならぜひ一度ご相談ください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました